日本仮想通貨交換業協会が正式発足!安全な取引への第一歩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨のニュース
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

2018年4月23日に金融庁から、
仮想通貨交換業の登録を受けた16社が集まって、
一般財団法人 日本仮想通貨交換業協会を設立しました。

この最大の目的は、
安全な取引ができるルールづくり

その背景には、2018年1月に起きた、
コインチェックの流出事件があります。

こういった協会を設立して自主規制作りを始めるということは、
取引する側からすれば、良い事です。

安全性が高まれば、取引する人も増え、
仮想通貨の流通が進めば価値が上がり、
価値が上がれば、今持っている仮想通貨が高く売れて儲けになる
こういったことが起こります。

個人的に短期トレードは好みではなく、
中長期的な積立が好きなので、このニュースは追い風です。

健全な市場になれば参入社も増えるので、
短期投資が好きな人にとっても追い風になりますね。

日本仮想通貨交換業協会のメンバー16社

以下の企業がメンバーです。

 

●マネーパートナーズ
QUOINEX
bitFlyer
ビットバンク
●SBIバーチャル・カレンシーズ
GMOコイン
ビットトレード
●BTCボックス
●ビットポイントジャパン
DMM Bitcoin
●ビットアルゴ
●Bitgate
●BITOCEAN
●フィスコ仮想通貨取引所
●テックビューロ
●Xtheta

 

これから取引を始めようとしている方や、
取引所を新たに開設しようとしてる方は、
この16社から選ぶことをオススメします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*